お前らの国でのアニメ人気ってどんな感じ? 海外アニメファンの反応

お前らの国でのアニメ人気ってどんな感じ? 海外アニメファンの反応

4chan4chan8/20202

時は1985年、日本のことが好きになり過ぎたイタリアは、国民の大部分が平凡な少女アニメ愛してナイトに不思議なほど夢中になっていた

そのアニメを愛しすぎた俺たちは、独自に3本の実写ドラマを制作した。誰が見ても最悪な演技が特徴だ

Fettine Panate da Kiss Me Licia - Epico

In 1985, towards the height of Italy's collective weebdom, a large part of the population was inexplicably obsessed with mediocre shojo anime Aishite Knight. We loved it so much that we produced a whopping three original live action TV adaptations of it, featuring some of the worst acting known to man. https://www.youtube.com/watch?v=vTjT7cbEGNY

愛してナイト - 1986年から1988年にかけて、イタリア国内で本作品を翻案したテレビドラマシリーズが放映された。1985年に放映されたアニメ版がヒットした後、イタリアでは続編を求める声がテレビ局に殺到。しかし日本では第2シーズンを作る計画は無かったため、制作元の許諾を得た上で続編として独自に実写ドラマを製作した経緯がある。これもイタリアでヒットし、第4シーズンまで作られる人気作となった from: Wikipedia

愛してナイトは好きだったけど、このクソ実写版は心底嫌いだった。クラスメイトは全員が気に入ってたっぽいのが不思議だった

I loved Aishite Knight but I hated deeply this shitty live action. All my classmates liked it, and I was like...why.

あなた50歳くらい?

So are you like, 50 years old?

もっと若い可能性はある。おれが子供のころに朝5時くらいに再放送してた

He might be younger, there were reruns at like 5 am in the morning when I was a kid


こっちじゃボルテスVが何故か大人気だった

Voltes V was huge here for some reason

いつも腐女子が描いた角の生えた敵のイラストを見かける

I always see fujo fanart of the villain with the horns

マルコスがアニメ関連の取り締まりを始めるまではフィリピンで放映されていたと聞いた

I heard about it being aired in flipland as early as 1970s up until Marcos cracked down anything anime related.

超電磁マシーン ボルテスV - 日本のアニメは世界各国の放送局に放送権が販売され、各国語での吹き替えで放送されている。本作品も同じく世界各国で放送されたが、1978年に放送を開始したフィリピンでは特に大人気で(フィリピン国営放送で毎週金曜日18:00-18:30(現地時間)に放映された)、最高視聴率が58%[注 19]を記録した。当時テレビアニメといえばアメリカ作品しかなかったフィリピンでは、子供たちにとって『ボルテスV』の登場は衝撃的な出来事であったらしい。さらには『ボルテスV』の成功を契機に、フィリピンに次々と日本のロボットアニメが輸入されることになった from: Wikipedia

ラテン系はドラゴンボール関係に妙な執着を持っている

Spicland has a weird obsession with everything dragon ball related

>メキシコ史に残る偉業

>Greatest victory in Mexican history.

タコスさん訳して

Translate it wee- tacos.

最終話をパブリックスクリーンで上映するのは合法かどうかについて

It's about whether is it legal to broadcast the last episode in a public screen.

「アニメ専門家は、ドラゴンボール超の130話は放送局が法的に権利を有しており、非営利であることを市議会が保証するなら上映は可能だと言っている」

うん、右上のヒゲ男がアニメ専門家ってことね

“Anime expert assures that it is possible to broadcast episode 130 of Dragon Ball Super as long as the broadcasting platform has the legal right and does not profit from the even, which can be guaranteed by the city council.” And yes, that neck beard on the upper right is the so called anime expert.

>アニメ専門家

>especialista en anime

お前らじゃん

The face of /a/

kek

アニメ板にいるラテン系ってこんな感じなんだろうなって

I had a feeling the spics on /a/ looked exactly like this.

最終的に上映イベントは実施されたようです


イタリアのブランドMSGMは2019年春にアタッカーYOUにインスパイアされたファッションを発表した

Italian brand MSGM made a fashion line for spring 2019 inspired by Attacker You!

アタッカーYOU! - 原案は、実話を基にした小泉志津男による小説『いま、白球は生きる 実録・イトーヨーカドー・バレーボール』で、ロサンゼルス・オリンピックでの女子バレーボール日本代表チームの活躍を当て込んで制作された番組であった。日本国内での人気は振るわなかったがイタリアやフランスで大ヒットし、イタリアにおいてはバレーボールのプロリーグが創設されるきっかけを作った from: Wikipedia

アニメはポケモン以前はそこまで人気じゃなかった。子供たちはドラえもんアンパンマン鉄腕アトムマッハGoGoGoといったアニメを見てたけど、アニメというよりはただのカートゥーンという認識だった。ポケモンは結構人気だったけど、すべての子供たちをアニメファンにさせたのはナルトだった。あれは大事件だったな。一部のマニアが旧作や新作アニメを見始め、多くのニワカはナルトを毎週見るだけだったけど、中にはワンピースに乗り換えたのもいた。フェアリーテールが流行ると、ニワカはナルト疾風伝と一緒にそれを見始め、ほかのアニメへの入口となった。いまでは80%以上のミレニアル世代やZ世代がアニメを見ている。ほとんどが少年マンガ系だが

"Anime" anime wasn't that popular before Pokemon. Kids watched Doraemon, Anpanman, Astro Boy and Speedy Racer. These were just cartoons to us. Pokemon was pretty popular, but every single kid became a weeb because of Naruto. It was a fucking revolution. A small fraction started watching older and current anime, most normies just watched Naruto every week, some converted to One Piece. When Fairy Tail became a thing, the normies started watching it along with Shippuden, it became a gateway to other anime. Nowadays, a good 80% of zoomers and millennials watch anime. Shonenshit, mostly.

おそらく多くの場所で同じことが起こった。イタリアとフランスにはすでにアニメとマンガがあったのは知ってるけど、ヨーロッパの多くの国々ではポケモンが現れるまではアニメに目覚めてはいなかった。最終的にはその子供たちがティーンエイジャーになった00年代半ばにネットによって簡単に広がっていった。フィンランドではそうだった

アニメは80年代から90年代にわたって字幕だけでなく吹き替え版も出たりしたけど、子供向けでもない限りは極めてニッチな存在だった

This probably happened in a lot of places. Italy and France have always had anime and manga, that I know, but I'd wager many European countries didn't really awaken to anime properly before Pokemon started airing, and eventually when those kids grew up to be teenagers in the mid 00s and internet allowed for easy dissemination. That's how it was here in Finland. Anime was released subbed and even dubbed throughout 80s and 90s, but it was very, very niche unless it was specifically for children.

おれの両親はハイジや他のアニメを見ていたけど、それがアニメだとは知らなかったようだ。きみの言うようにただのカートゥーンだった

my parents watched Heidi and other anime that came out in their time and they never knew it was anime, they were just cartoons as you say



チェコではアニメは知られてないと思う。知名度があるのはポケモンだけで、あとはすべて子供向けのカートゥーンだ
それなりの規模のオタクグループはあるけど一般人はそれが何なのか全くわからない

I don't think people know about anime in Czechia. Only thing they know is Pokemon and that it is all children's cartoons. There is siezable otaku group, but general populace has no idea.

たしかに。90年代ごろまで外国の文化にあまり触れることがなかったからだけど、それによって上の世代に偏見がほとんどないのはよかった点だといえる(子供向けのよくあるカートゥーンは除く。けどそれもそこまで悪だと思われてるわけではない) とんでもなく行き過ぎたエロでもない限り、普通の映画と同じような扱いだ

Agree, it's because we haven't been exposed to foreign culture very much until 90s, one of the advantages is that it also comes with mostly no prejudices in the older generations (except the usual cartoons are for children, but that's not always seen as something inherently bad). As long as it's not some ridiculously over the top ecchi, it can pass for a regular cinema.


スペインでは公式に翻訳されたヘンタイ同人誌がどこでも買えたり、全国放送のテレビで深夜にロリのエロアニメが流れたりしていた
そんな思い出もやがて消えていく。雨に流される涙のように

There was a time in Spain when you could buy officially translated hentai doujins anywhere, and national televisions woud air loli hentai at night. All those moments will be lost in time, like tears in rain.

>ロリのエロアニメが全国放送で
くわしく

>Loli hentai on national television I'm gonna need some proof for that one, anon.

とあるチャンネルが大悪司を流していたわけだが、おそらく最終回でロリのシーンがあることを知らなかったんだろう
局側は「私は18歳だ、この身分証を見ろ」というシーンを使って言い逃れしようとした
めっちゃ笑えたけど、個人的にはあの事件がスペインのテレビでアニメが死んだ原因なんだと思っている

Not than anon, but certain channel aired Daiakuji, probably unaware that the last episode contained loli scenes. They tried to excuse themselves with the "I'm totally 18, look at my ID" clip. Shit was hilarious, but I personally blame that incident as the cause of the death of anime in Spanish television.

大悪司(だいあくじ) - 2006年にスペインの地上波テレビ「La Sexta」がこのアニメを深夜に放送した。しかし、一般視聴者や保守系団体などから幼児ポルノの要素が含まれると批判をあびたため、同局は放送を中止した。これに対して、一部のスペイン人のアニメファンが放送を続けるべきと主張して議論になった。この論争は、現地の新聞、テレビでも報道された。ちなみに問題になった番外編「殺繚乱」はゲーム本編同様の設定で、ヒロインの岳画殺のみ年齢が向上し18歳になっている(免許証を見せるシーンもある) from: Wikipedia

移民の影響で多くの日本人がいるブラジルでは、70年代前半から常にアニメや特撮が日本から輸入され放送されていた。マッハGoGoGo、オリジナルの鉄人28号ウルトラマンといったところが際立っていた

80年代になるとアニメが売れ始め、小さな会社がボルテスVからくりいむレモン系まで何でもライセンスを取得して、そのほとんどがテレビで放送されていた。あとブラジルでは一時、ロボテックマクロスが別々の局で同時に放送されていた
90年代半ばに聖闘士星矢がブームになり、ポケモンドラゴンボールZが続いた。アニメ雑誌のほかにも流行に便乗できるものなら何でも発売された。しかし2010年頃にアニメは突然死に、マンガ市場だけが(かろうじて)生き残っている。ネット配信で少しだけ息を吹き返したが、状況は厳しい。アニメは再びニッチになった

Due to immigration, Brazil has a large Japanese population and always had anime and toku being brought directly from Japan and airing since early 70s. Speed Racer, the OG Tetsujin-28 and Ultraman were the most remarkable. The 80's was the time anime became a hit with small companies licensing anything from Voltes V to fucking Cream Lemon directy in VHS and most of them aired regularly on TV. Shit was crazy, at some time Brazil had Robotech AND Macross airing at the same time in two different stations. Mid 90s had the Saint Seiya boom then Pokemon and DBZ, tons of magazines and anything that could milk the anime fad. Suddenly anime died around 2010 and now only the manga market survives (barely). Streaming had given a bit of air but things seem bleak - anime pretty much became a niche again.

ロボテック(Robotech) は、1985年 3月4日より、アメリカ合衆国や南米、フランスで放送されたSFロボットアニメ。 竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)製作の『超時空要塞マクロス』・『超時空騎団サザンクロス』・『機甲創世記モスピーダ』の3作品をハーモニーゴールド USA 社(Harmony Gold USA)がライセンス取得、同一世界の異なる時代と世代を描いた、連続する一つの大河シリーズとして翻案、再編集された作品である from: Wikipedia

ロシアでは00年代初頭にMTVで放送され、2005年くらいにピークを打った。グリーングリーンちょびっツフルメタルパニックがMuz-TVで流された。スラブ人にとっては大いに特別なとこだったと思われる

Anime on MTV in Russia in early 00. Around 2005 was peak. Green Green, Chobits, FMP on muz tv. I'm sure for a lot slavs those shows were very special.

ちょびっツはドイツのテレビでも00年代初期にやってたな
あとツバサクロニクルシャーマンキングもあった
おれもシャーマンキングが大のお気に入りだった

Man Chobits also ran up and down German TV in the early 2000s. We also got Tsubasa Chronicles, and Shaman King. Man I loved Shaman King.


ここオランダではポケモン以前にはそこまで多くのアニメはなかった。少なくとも、フランスやイタリアといった国々とは比べ物にならない。家なき子ハイジ世界名作劇場といった古典文学原作のアニメ、キャンディ・キャンディベルフィーとリルビットのように西洋市場に合っていたアニメ、そして地元のテレスクリーン社が制作したあひるのクワック90年版のムーミンげらげらブース物語どんどんドメルとロンといったアニメがあった

ポケモン以降は、ほぼすべてのアニメはアメリカから輸入されたもので、ベイブレードビーダマンといったアニメが市場を牽引した。また特記事項としてはクレヨンしんちゃんのオランダ語吹き替え版があったことが挙げられる。多くのサッカーママたちが、子供には下品すぎるから番組を終わらせたいと思っていた。いい時代だった

なんというか、これまでアニメブームといえるものはなかったから、多くの人がこれらのアニメにノスタルジックな感情を抱いているという印象はない。人気が出たアニメのほとんどは、YouTubeでディズニー映画がアップロードされてたり、クランチロールがまだ違法なストリーミングサイトだった時代にネットで見れたアニメばかりだ

また、スタジオ100というベルギーの会社がニルスのふしぎな旅みつばちマーヤの冒険ハイジといった古典作品の3Dリメイクを行っている

Pre-pokemon there wasn't a lot of anime here in the Netherlands. Or at least not compared to countries like France or Italy. You had anime based of classic literature such as Nobody's boy Remi, Heidi or a few World Masterpiece Theater anime, anime that are wel suited for western audiences like Candy Candy, Belfy and Lillibit, and a few anime made by Telescreen Benelux: Alfred J Kwak, the 90's Moomins, Boes / Ox Tales, Dommel / Wowser. After pokemon almost every anime was just American import and merchandise driven such as Beyblade and B-daman. Also noteworthy: here was also a Dutch dub of Shin-Chan that pretty much had a gag dub. Many soccermoms were complaining that the show was too vulgar for children and wanted it removed. Good times. It's something, but I don't get the impression that many people hold nostalgic feelings towards these anime as there never was that much of an anime boom here. Most anime that became popular were those that were streamed on the internet back when you could watch entire disney movies on youtube and crunchyroll was still an illegal streaming site. Also interesting: a Belgium company called studio 100 has bought the rights of several classic anime such as Nils Holgersson, Maya the Bee and Heidi and is currently making 3d remakes.

アルプスの少女ハイジ (アニメ) - 原作小説を元にした今までの映像作品とは異なり、本作品を下敷きにした3Dアニメ版が、フランス、オーストリア、ドイツ、ベルギーにより、2015年に制作された。アニメーション制作は『みつばちマーヤの冒険』『小さなバイキングビッケ』『ニルスのふしぎな旅』をリメイクしたSTUDIO 100。全39話。日本では現時点で未放送 from: Wikipedia

フランス人参上。アニメは80年代か90年代からめっちゃ人気だった。母はセーラームーン聖闘士星矢ドラゴンボールアタッカーYOUキャプテン翼といったシリーズのビデオを兄弟と俺のためにレンタルしていたけど、いま振り返るとあれは自分で見たかっただけなんじゃないかと思い始めている。母は古いロボットアニメや松本零士作品、宇宙伝説ユリシーズ31といったアニメが好きだったようだけど、小さいころの俺には理解できなかったね

French here, anime was super popular since the 80s or 90s so my mother would stop renting videos of series like Sailor Moon, Saint Seiya, Dragon Ball, Attacker Yu, Captain Tsubasa, etc. back then for my siblings and I, but now I'm starting to think she just wanted to watch these anime for herself. She liked some old mecha anime, some adaptations of Leiji Matsumoto's stuff and Ulysse 31 a lot but I couldn't stand that shit when I was a small kid.

フランスはおそらく欧州で最もアニメを消費してる国だね

French are probably the biggest consumers of anime in Europe

フランスは世界の中で日本の次にマンガを消費してる国だ。アニメもアメリカを上回っていても不思議ではない

The French are the biggest consumers of manga in the world after Japan. I wouldn't be surprised if we were ahead of the US in terms of anime as well


>80年代後半から90年代前半のアニメブームを満喫するフランス人の少年になれなかったこと

不公平だ。こういったグッズはフランスじゃ簡単に手に入るのに他の国では難しい。おれの姉妹はリヨンにいるんだけど、そこの図書館にはマンガが置いてあると言ってた
こっちじゃマンガやドナルドダックと関係ないコミックはめっちゃニッチだ

>I will never be a French boy during the late 80's or early 90's enjoying the anime boom. It's not fair. All these weeb shit that is easily available in France but hard to acces anywhere else. My sister is in Lyon right now and she told me that even the libraries there have manga. Over here manga or just anything comic book related that isn't donald duck is super niche.

マンガはスーパーマーケットやガソリンスタンドでも売ってたりする

even supermarket and gas station sell manga


Sailor Moon Opening (swe)

セーラームーンは結構人気だったな、テレビで放映された最初のアニメだった。SF西遊記みたいなもっと古いアニメもあったけど、ほとんどVHSでリリースされていた

https://www.youtube.com/watch?v=j2tQKejS9Fo Sailor Moon was pretty popular, it was kinda the first show to air on TV. We had some older stuff but mostly direct to VHS, like Starzinger , another classic

このOP好き

I love this version of the OP.

こっちのほうが合ってる気がする。歌詞を訳したり置き換えたりするんじゃなく、曲を丸ごと入れ替えられたOPは違和感がある
影山ヒロノブがブラジルに来たときに大群衆と一緒にCHA-LA HEAD-CHA-LAを(ポルトガル語で)歌っていたが、キャリアの中で最も幸せな瞬間のひとつだったと言っていた

This feels more adequate. It feels weird to hear opening songs that were completetly replaced instead of having their lyrics replaced/translated. When Hironobu Kageyama went to Brazil to sing and a monstrous crowd and sang Cha-la Head Cha-la (they sang in portuguese) he said it was one of his happiest moments in his career.


ラテン系の国々では多くの男たちがCCさくらセーラームーンに夢中になっていたのにプライドが邪魔してそれを認められないのよね

Lot of males loved sakura card captor and sailor moon in spicland, but we're too proud to admit it

>CCさくらが大好きだったことが恥ずかしかった俺は、ひとりでアニメを見るためにTV部屋から他の人間を追い出そうとしていたこと
親父がそれを見ても女児向け番組だとは認識しなかったかもしれないが、とにかく親父がいる間はそれを見ることはなかった

>tfw when I was so embarrased of my love for Cardcaptor Sakura, I would try to get people to leave the tv room in order to watch it without been seen. I don't even think my old man would have recognzed it as a "girl show" if he saw it on screen but I would still refuse to watch it when he was in the room.

CCさくらには多くの人間を駄目にした責任がある。ロリコン、腐女子、やおい、百合、などなど。さくらは今でも完璧なロリだし、OPアニメーションは今でも変わらず可愛い。こっちじゃセーラームーンカードキャプターさくらドラゴンボールナルト聖闘士星矢は大人気だ

CCS is responsible for spawning a generation full of degenerates. Lolicons, fujoshis, yaoifags, yurifags, etc. Sakura is such a perfect loli, even today, and I am a Dreamer is still such a pretty OP animation. Sailor Moon, CCS, DB, Naruto and Saint Seiya are HUGE here.


ポケモンの影響が大きかったようです